愛を確かめる手段|二人の愛を奏でる結婚指輪|洗練されたリング

二人の愛を奏でる結婚指輪|洗練されたリング

ウェディング

愛を確かめる手段

指輪

結婚指輪は結婚してからずっと身につけるものです。そのため、長年使用し続けても大丈夫なものを選びたいところです。そこで素材の丈夫さを結婚指輪を選ぶ基準にする人も多くなっています。その場合は素材の強度と錆び難さが具体的な目安になります。この2つを高いレベルで満たしているのがジルコニウムです。この素材は灰色がかった色合いをしていますが、表面の酸化膜を加工することで、さまざまな発色が可能です。そのため、豊富なデザインを選ぶことができます。しかも、嬉しいことに金属アレルギーの人でも問題なく身につけることもできます。アレルギーが出るのは金属が汗で溶けて、それが肌に触れて初めて反応します。ジルコニウムは耐蝕性が高いので、このようなことは起こりません。

身に着けやすさを重視して結婚指輪を選びたい人にはリングの素材をパラジウムにすることをおすすめします。パラジウムは重さがほとんどないので軽く、指にかかる負担が少ないです。そのため、日常から着けやすい素材です。また、硬度も高いですし、プラチナやホワイトゴールドと同じ色合いを発していて魅力的な素材です。パラジウムはプラチナと同じように希少性が高いので価格が他の素材よりも高くなりますが、それでもプラチナよりは安価です。高級感がありますので、デザインとしてはソリティアがおすすめです。あまり派手なものにしたくない場合は光沢を薄くするつや消し加工を依頼すると良いでしょう。美しく軽い素材の結婚指輪を選ぶのも1つの方法です。